先日、医療保険を乗り換えました。これで乗り換えは2度目です

医療保険を乗り換えました

先日、医療保険を乗り換えました。これで乗り換えは2度目です。医療保険は定期的に見直し、その時代に合った保障内容のものに加入していくべき生命保険だと考えています。なぜならば、医療技術が日々進歩しており、保障内容が実情とあってこなくなるからです。例えば、以前はちょっとした病気でも、比較的長い期間入院することが当たり前でした。そのため、入院給付金を重点的にチェックしていればよかったのですが、今は違います。

少し大きな病気でも手術したその日のうちに帰宅できてしまうようになってきました。こうなるといくら入院給付金を重視しても意味がありません。むしろ、手術一時金や通院保障を考えなければならないのです。そして、現に手術一時金を重視した医療保険や通院保障が付いた医療保険が登場してきています。さらには、医療保険と共に加入すべきものとして就業不能保険も登場してきました。これは、働くことができない間は収入を保証するというものです。

これから、医療技術はますます進歩します。それに合わせて、医療保障も変化していくことが予想されます。医療保険は定期的な見直しをすることが今まで以上に重要になってきます。もしかしたら、将来は今と同じ保障内容でも保険料が極端に安くなることもあるかもしれません。また、乗り換えを前提にする場合には、一定年齢での払済みよりも終身払いにしておくと良いです。そして、払済みよりも安くなった分を貯蓄に回していくと良いです。

HOME |  次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/