生命保険に1つも加入していないのであれば、医療保険くらいには入っておきましょう

医療保険には入ろう

生命保険に1つも加入していないのであれば、医療保険くらいには入っておきましょう。但し、シンプルなもので充分です。しばしば、医療保険は生命保険会社のドル箱商品であり、加入するだけ無駄である、という事を言う人がいますが、若い時に医療保険に加入すれば、シンプルなもので月々1000円や2000円程度で済んでしまいます。何十年もかければすごい金額になりますが、所詮、手元にあれば、使ってしまうお金です。また医療保険の保険料の原資としてタバコやお酒を少し控えれば、健康状態も改善されます。

但し、医療保険において気をつけるべきことは、定期的に見直しをするということです。医療保険は医療技術と密接に関わります。医療技術の進歩に合わせて、医療保険の保障内容も大きく変わっています。場合によっては、以前よりも保険料が安くなっていたり、同じ保険料であれば、保障が手厚くなっていたりするようなケースもあります。少し前の医療保険と比べてみても、その違いは明らかです。例えば、入院給付金です。以前は、入院4日目から支給されるという保険商品が多かったですが、今は初日から給付金が出ることが当たり前になっています。

さらに、最近では通院保障が復活しています。通院保障は以前もありましたが、各生命保険会社が、一旦、取り扱いをやめてしまいました。しかし、ここ数年、入院したその日に帰ることができたり、数日の入院で帰宅できたりすることができ、経過観察のための通院で様子を見るということが多くなりました。これに合わせて、通院保障が復活したというわけです。このように医療保険の保障内容はこれからもしばしば変わっていくことが予想されます。定期的な見直しによって、自分に最も良い生命保険を選んでいきましょう。

HOME |  次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/