医療保険というと、家族を持った人向け、既婚者向けというイメージがあるかも

独身のための医療保険選びとは

医療保険というと、家族を持った人向け、既婚者向けというイメージがあるかもしれません。しかし実際一番必要なのはひとり暮らし、独身の方なのです。ひとり暮らしの場合には食事や生活も乱れがちになり、体調を崩しやすいと言われています。周囲の目というものがありませんから、自分主体で、自由な生活を送っている方が多いのです。若い方は多少無理をしても大丈夫、とたかをくくっているかもしれません。しかし、その若い頃の負担が年齢を重ねた時に体の不調として現れてきてしまうのです。無理は必ず身体に返ってくるものなのです。

ですから、独身、ひとり暮らしの場合、最低でも一つ、医療保険に加入しておく必要があります。がん保険など、大病向けの保険は保険料が高額になってしまうため、支払いの負担が大きくなる傾向があります。しかし、いつ何時倒れ、入院するかもしれませんから、入院した場合に適用となる医療保険にだけは必ず加入しておくようにしましょう。入院代というのはベッド代、食事代以外にも検査代薬代など想像以上にお金がかかるものです。万が一の時に大変なことにならないためにも、医療保険に加入しておきましょう。

あなたは実際に入院代が一日あたりどの程度かかるか御存知でしょうか。一般的には一日あたり、一万円かかるというのが世間の相場です。ですから、この程度のお金がもらえる医療保険に加入しておく必要があるにです。自分がどの保険に加入したらわからないという場合はインターネットで加入シュミレーションといったものもできるので、試してみるのもいいでしょう。自分に適した医療保険はどれなのか、保険料はどの程度なのかなど、しっかりと考えていく必要があります。あなたの未来のためにしっかりと出来る備えをしていきましょう。 

HOME |  次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/